• 松永乃吏子

2020年11月19日(木)に第3回ベルヴィ越谷食堂を開催しました。



今回から参加ファミリーを、7家族から17家族に拡大して行いました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

また、今回は17家族を超える応募をいただいたため抽選となり、ご招待できないご家族様も出てしまいました。せっかくお申し込みいただいたにもかかわらず、申し訳ございませんでした。また次回(12月17日)も開催予定ですので、またのお申込みをお待ちしております。


今回は食事前に、健康けん玉をみんなで作り、ゲームをしたりしながら楽しみました。健康けん玉は、ペットボトルの蓋同士の中に磁石を入れて、糸で繋ぎ、作りました。10分くらいで簡単にできるので、オススメです。遊び方は、けん玉のように遊びます。その他、迷路のシートを健康けん玉の磁石で挟み、磁石を動かして遊ぶゲームもしました。親子で作業したり、けん玉をしたり、友達とけん玉の回数を競ったりと、子どもだけでなく保護者の皆様にとっても楽しんでもらえたのではないかと思います。


夕食は、子どもたちも好きそうなエビフライや唐揚げ、ピラフ、グラタンに、デザートまでついて、今回もとても豪華。みんなで「いただきます」をして食べました。みんなモリモリと美味しそうに食べており、見てるだけでも幸せになれる時間でした。



ベルヴィ越谷食堂は、赤ちゃんからお年寄りまで、障害のあるなしにかかわらず、誰でも集える食堂を目指しています。また、これまで私たちが送ってきた人生の中で、私たちは何かしらの得意なこと、詳しい知識などを身につけており、100人いれば100通りあると思います。それらを発揮する場が今の社会には少ないですが、その得意なことを見たい人、詳しい知識を聞きたい人、教えてほしい人は必ずいます。ただご飯を食べる場だけではなく、皆さんの得意なことを活かせ、教えたい教えてほしいなど、皆さんを繋ぎ合わせる場を作り、いつまでも安心して楽しく暮らせる地域にしていきたいと思っています。


新型コロナウイルスの影響で、思うような活動はまだできませんが、温かい目で長く見守っていただき、良ければ一緒に活動・支援してもらえると嬉しいです。


#第3回

 

​​市民活動団体スコップ